男女の薄毛の原因は違います

薄毛の悩みは男女共に多いとされ、年々増加しているそうです。



女性の薄毛というのは男性とは違う原因で起こるとされます。



主な原因とされるのが、悪いシャンプーなどの影響を受けた炎症などの皮膚疾患、食生活の高脂肪摂取で起きる毛細血管のつまりなどです。


髪の毛が生えるメカニズムとして重要なのが「栄養」です。



毛細血管が栄養を運ぶ役割をしており、血流が悪いことで髪に栄養が行き届かず、栄養不足となってしまいます。



そして毛が細くなって髪が抜けやすくなり、それを繰り返していくことで結果薄毛となるのです。

そのため、毛細血管の血流をよくして栄養を届けてあげるようにすれば改善されるといえます。



不規則な生活というのも少なからず原因としてあり、生活習慣を正しくし、睡眠などをしっかりと取ることも大事です。


女性と違って男性に多い薄毛といえばAGAと呼ばれる「男性型脱毛症」です。

進行して生え際や頭頂部が薄くなるなどの特徴を持ち、遺伝的要素などが強いとされています。



原因は男性ホルモンの増加といわれるもので、治療に効果的なのがホルモンを抑えるプロペシアといわれる飲み薬です。


専門の脱毛クリニックなどにいってAGAだと診断されれば、処方してもらえます。保険がきかないというのが少し難点ですが、効果が高いとされるのでおすすめです。



どちらの薄毛も原因を探ることが治療への近道とされます。



悩みが深い場合は、専門的なクリニックで相談してみてください。

関連リンク

薄毛に悩む若者が太い髪の毛を手に入れる方法

20代から30代の若者の薄毛はAGAと呼ばれていて、若年性の薄毛として病院での治療の対象となっていて、男性ホルモンが分泌する発毛を阻害する物質の働きを阻害する薬の処方が認められています。この薬を飲むと発毛するという人も多いのですが、効果として国の機関に認められているのは、細くなってしまった髪の毛を太くする効果なので、本数が増えるかどうかは個人差が大きいと考えられています。...

more

薄毛に効果的な食事について

ライフスタイルが多様化する現代の日本社会において、年齢や性別といった垣根を超えて多くの人を悩ませている問題の一つとして薄毛の問題を挙げることができます。薄毛となってしまう原因には様々な要素が考えられ、現代人に多い要素としては男性ホルモンの過剰分泌や遺伝子によるもの、生活習慣によるものやストレスなどがその代表的なものと考えられています。...

more