薄毛に悩む若者が太い髪の毛を手に入れる方法

20代から30代の若者の薄毛はAGAと呼ばれていて、若年性の薄毛として病院での治療の対象となっていて、男性ホルモンが分泌する発毛を阻害する物質の働きを阻害する薬の処方が認められています。



この薬を飲むと発毛するという人も多いのですが、効果として国の機関に認められているのは、細くなってしまった髪の毛を太くする効果なので、本数が増えるかどうかは個人差が大きいと考えられています。



皮膚科医によっては、90%以上の患者が髪の毛が増えたと実感できるとしていますが、データを調べてみると日本の場合は、薬の量があまり多くないので、海外の薄毛治療のような効果が期待できない可能性があります。



しかし髪の毛が太くなるのは事実なので、90%以上の人は健康で太い髪の毛を手に入れることができます。



50歳以上の男性の髪の毛が後退するのは年相応なのですが、発毛したい場合にはAGA専門外来に受診すると抗男性ホルモン薬とミノキシジルなどの血流を良くする薬が処方されるので、これらを半年以上服用し続けることで髪の毛が増える可能性があります。



市販されている育毛剤にも含まれているミノキシジルは頭皮の血流を増やす作用があるので、健康な髪の毛を増やすことのできる薬として市販されているのですが、薄毛の根本的な原因が男性ホルモンに含まれている物質なので、この働きを阻害することが大切です。



その次に大切なのは生活習慣やストレスで、特にストレスは髪の毛の成長を阻害することが知られています。





関連リンク

薄毛の原因と改善方法

薄毛と聞くと男性をイメージしがちですが、女性が薄毛で悩むことも少なくありません。女性の薄毛の原因は高カロリーや高脂肪食などの食生活によって中性脂肪が体内に増えることで頭皮にある毛細血管が詰まってしまったり、偏った食生活やダイエットなどによってで髪の毛が育つために必要な栄養が不足してしまったり、加齢によるホルモンバランスも乱れによるものなどがあげられます。...

more

男女の薄毛の原因は違います

薄毛の悩みは男女共に多いとされ、年々増加しているそうです。女性の薄毛というのは男性とは違う原因で起こるとされます。...

more