有料老人ホームで必要となる費用

有料老人ホームで必要となる費用

有料老人ホームを利用するにあたっては、当然ですが相応の費用がかかります。

もちろん、介護保険制度がある以上は、サービス費用の一部はこの介護保険でまかなうことが可能ですが、介護保険によるサービスそのものにも、自己負担分として支払わなければならない費用があるわけですし、さらに介護保険ではまかなえない手厚いサービスを受けた場合には、その超過した部分は個人負担ということになります。

そのほかにも、介護保険ではまかなえない費用が多くありますので、有料老人ホームをこれから利用しようとする場合には、トータルでどのような内訳の費用がかかるのか、そのなかで個人負担分はどの程度になるのかといったことを念頭に置いて、慎重に選ぶことが求められます。



たとえば、一般的な有料老人ホームでは、家賃、食費、介護費、管理費などといった費用がかかるのが通例です。

家賃は文字どおり、有料老人ホームの居室を利用するための費用ですが、居室スペースの広さや共用スペースの充実度などによっても異なります。


食費は基本的には食べた分だけの支払いということになりますが、食べなくても厨房の人件費や維持費はかかりますので、ベースとなる一定の金額は請求される可能性があります。

有料老人ホームに関する疑問にお答えします。

介護費は、要支援または要介護該当者が介護保険のサービスを利用するにあたっての費用ですが、公費負担はたしかにあるものの、自己負担分もあることを忘れてはなりません。
さらに、管理費として、有料老人ホームの事務費にあたるような費用も支払いが必要となってきます。

マイナビニュースの人気度が上昇しています。

Copyright (C) 2016 有料老人ホームで必要となる費用 All Rights Reserved.